2018年2月16日

本日の屋上庭 Today's roof garden

野菜クズと茶殻ががたまってきたので屋上のプランターの土づくり --- 秋からひとつひとつ、16個ほどあるプランターの土づくりをしてきて、残りあと4個になりました。不思議なことに毎年、ちょうど春がくる頃にすべてのプランターの土づくりを終えるのです。土づくりを終える頃、シソやディルの芽がそこかしこから出てきて、ルッコラのタネを蒔いて・・・と野良仕事が幕開けします。

ゴミがたまってきて暖かめの日がきたらいざ!1回にプランター2つくらいが負担もなく楽しい すべて終わる頃に春がくる

耕す→前に植えていた植物の根などを取り除く→石灰と牛糞を混ぜる→深く掘って野菜クズ、落ち葉、米ぬかを埋める

袋いっぱいにためてあった庭のヤマボウシの落ち葉に、今までにない現象が起きていました。落ち葉は殆どがカラカラの乾燥状態だったはずですが、濡れた土がついた状態で拾い上げた落ち葉も混じっていたからか、ビニル袋の底のほうで堆肥化が進んでいました。重さで土が袋の底にたまり、水分が適度にあって、屋上の道具入れの中で温度もそこそこあった・・・きっと分解が進む好条件に近かったのでしょう。ここ数年、毎年同じことをやってきたけれど、袋の中で堆肥化していたのは初めてで興奮しました。意図せず、厳しい冬の間にも微生物がゆっくり仕事をしてくれていた!

袋の中の落ち葉 夏だったら、屋上でビニルの中では高温になりすぎて微生物が死んでしまい、堆肥化はあり得ない?

2018年2月15日

レシピに返る Followed the recipe exactly again

レシピを見ないでカレーを作るようになって1-2年経ったのでしょうか。ここ何回かで夫の「おいしいけど、何かちがう」というようなコメントが気になり始めたので、久しぶりにレシピ通り作りました。作り始めてすぐ違いに気が付きました。にんにく、しょうが、たまねぎ、カレー粉、トマト・・・どれをとってもレシピのほうがたっぷりです。あっさりめのカレーにしようと、自然と量を減らしてしまっていたから、香りや旨みまで貧弱になってきていたのかもしれません。

豚ナンコツのゆで汁で煮込みま~す

煮込む前

1時間煮込んだ後

蓼科で買い求めたこだわりのお米を炊いてみました

「このカレーだ!」「米がうまい!」と喜ぶ夫

他社のカレー粉も試してみたいな

お財布に優しい野菜 Kale -- the most budget-friendly vegetable

2月からはほぼ収束していくと新聞にあったけど・・・あまりそう感じないなぁ、野菜のお値段。今日はどれにしようと思いながら産直野菜に目を走らせると、あった!ケール!これなら安心、ぎっしり入って1袋80円。前回の初調理でおいしい食べ方を知りました。オリーブオイルと塩、こしょうをまぶしてオーブン200℃で5分。今回はオーブンではなく、ガスコンロでやってみました。

焦げすぎぬよう途中で確認

えびとわかめ、アーモンド、にんじんと和えたサラダにしました。生だとあれだけゴワゴワしているのに、火が入ると不思議なほど食べやすくなり、パリッと焼けたところの甘さ、香ばしさがクセになります。

癒しカモ So cute

とろける~

仲間のオスたちが逃げた後も、逃げずにのんびりくつろぐコガモのオス

カルガモの1本足睡眠

林が消えた! Riverbank trees cut down

運動不足と鳥見不足解消のため久しぶりに土手を歩き始めてびっくり!土手の木がない~!毎朝の犬の散歩とは反対方向なので、近所なのにまったく気が付きませんでした。犬の散歩方向でも岸辺の小木が切り倒される光景を見たのですが、必要な手入れなのだろうと思っていました。これはいったいどういうことなのか・・・大ショック。

ここにあったニセアカシアの林がなくなった!!むこう岸が見えないほど茂っていたのに!!

問題の多い外来植物だから?

林がなくなったので川まで簡単に出られてしまった キジのメス2匹に遭遇

ニセアカシアだけでなく、川にせり出したある程度の大きさの木がみな切られた印象

夏には木陰を提供してくれて、散歩中、ありがたかったな

エナガの群れに出会ったこともあった

初夏にはこんな華やかな花が咲き

秋には木陰のあちこちが朱色に染まった

折しも今朝の朝日新聞にこんな記事が 矢作川河川敷ではないけど、ニセアカシア伐採もこのような理由からなのか?

鳥たちへの影響が出ないよう切に願いつつ、鳥見を続行しました

遭遇した鳥は、〔エナガ/コゲラ/シジュウカラ〕集団、シメ、モズ、ツグミ、ホオジロ、アオジ、ウグイス、カワラヒワ、コガモ、カルガモ、ムクドリ、ヒヨドリ、カラス、カワウ・・・鳥たちに「大丈夫だよ!」と言ってもらった感じ。でも、川岸の木が全て切られたり、護岸されたら・・・

コゲラ

シメ(くちばしの色がグレーからピンクに変わりかけている!→春近し)

モズ

コガモ

ツグミ

カルガモ

近くには商業・企業施設の増設やら、バイパス建設やら・・・川の環境が守られるか、鳥たちが住み続けられるか、気になる毎日です。

二度も騙される Thought they were real!

おおっ、こんな近くでまた猛禽!今度は目の前を飛んでる!


な~んだ、おじさんと子どもが大小の凧揚げて遊んでいたんか・・・あれ?おじさんひとり?


わっ、やられた!作りものじゃん~~!


鳥に目を研ぎ澄ませていたからこそ?すっかり騙されました。猛禽のほうなんて(ちょっと白っぽいなとは思ったけど)大きさから飛び方までそっくり!骨組みまで入っている精巧ぶり。ヒヨドリは怖がって逃げているように見えたし、人間(この愚かな私)まで突然の大きな猛禽との遭遇に脅威を感じたほどです。

フクロウが舞うそばで、シャツの袖がゆらりゆらり

怖い動くモノ、勢ぞろいってわけですか

なるほどなぁ、「不意」というのはこんなにも騙されやすいんだ・・・オレオレ詐欺は人ごとではない。騙されてこんなに楽しいなんて♪と機嫌よくしている場合ではない?

2018年2月14日

添い寝 A man & a dog

犬用に囲われたリビングの一角にて
注:犬は分かりにくいです