2017年10月17日

ローゼルジャム Spiced roselle jam

ひと月ほど前に、友人と足助を散歩していて見つけた植物、ローゼル。あの『マンリン書店』のギャラリーにもこの植物が活けられていました。アフリカ原産の植物ですが日本では一年草として楽しめるようです。

オクラに似たクリーム色の花だそう

茎が緑色のタイプもあるそうで、これがそうかな?

しばらくして同じ友人が「売ってるのを見つけたから」と渡してくれました。


中はこうなっていました

さらにそれを割るとタネが わ~い 蒔いてみよっと

シナモン、生姜、八角、クローブ、白ワイン、きび砂糖で煮ました

好みの風味に仕上がりました

鍋のそうじも兼ねてホットドリンクにも 美肌&抗酸化

見ても食べても楽しめるローゼル。友人は塩漬けにして、自作の梅干しに赤みを足せるか試してみるそうです。タネの蒔きどきは4~5月。ちなみに、何年も前にローズヒップとのブレンドで楽しんだことがあるハイビスカスティーは、このローゼルだったと知りました。

2017年10月14日

本日の屋上庭 Today's roof garden

日差しも弱くなり、収穫する作物も減って、今の時期は床に落ちた枯れ葉拾いが一番大変かな。

真夏より秋から花数が多くなるハイビスカス

フジバカマ 来春は土の改良が必要

冗談みたいなオクラの実り方 後半はやたらと葉に蛾の幼虫がつきました

1つのプランターに1株植えたオクラのほうが育ち方も収穫量も上でした 3株で十分すぎるほどの収穫でした

ダイモンジソウの花

ツワブキの花芽がにょきにょき

気温が下がったらバジルが息を吹き返しました

キアゲハに丸裸にされたセリにやわらかい葉が再び

2017年10月10日

小鳥来る Birding season has come

今読んでいる『二十四節気で楽しむ庭仕事』の中で、「小鳥ことり」は秋の季語と教えてもらいました。「小鳥来る」と詠めば、夏の間、山のほうにいた鳥たちが戻ってくる情景を思い浮かべるのかな。そのことを知らないまま「夏はみんなどこへ行っちゃうの?」と不思議に思いながら過去何年か過ごしてきました。
今日はそんな小鳥たちに会いたくて、久しぶりに双眼鏡とカメラを持って川沿いを散歩しました。

モズの雄叫びが始まっています 今年の避暑地はいかがでしたか

背中が真っ黒なセグロセキレイは夏の間も時々見かけたかな

胸のエプロンがかわいいハクセキレイは見かけなかった

今日はこんなとろですねと満足して帰りかけたら、「あっ、いる!」

カワセミは夏のあいだも鳴き声がしていたので、避暑地には行かないのかな

そういえばツバメがもういない!・・・ということは、間もなくジョウビタキが帰ってくる♪ 
あと10日くらい -- 次にぐっと気温が下がったらどこからかあの声が聞こえてくる可能性大。

季節のたわし Seasonal kitchen sponge

樹形を保つのに苦労している庭のキンモクセイですが、今年は剪定時期に気をつけたせいか、花つきがよくて窓を開けると香りがいっぱい入ってきます。



ひと枝ふた枝切って、部屋の中に持ち込んだところで思いつき、すぐにバルコニーで編み始めました。下の庭から香りが漂ってきます。今日こそ最後の夏日になりそうなので、青空の下での時間を楽しもう。


季節のたわし、キンモクセイ完成。

2017年10月9日

この鞘なんの鞘 Pink siris

山登り中に拾ったなにかの鞘。革のような色と規則的な凹みに惹かれ、ポケットに入れて持ち帰り、調べると、こちらはネムノキの鞘でした。全体にとても軽いのですが、鞘ごと風に飛ばされるのがこの植物の狙いであるとか。

バターナイフ作ってみようかな

蒔いてみちゃおうかな

森へ Forest tramping

次なる山歩きに瀬戸市の岩屋堂公園へ。なかなかハードなコースでした。山の中でもけっこうな気温で、途中から半袖になって歩きました。毎晩の腿上げストレッチの成果を感じつつ・・・
今のところ私は山登りより山歩き派 -- 鳥や植物の写真も撮りながら -- なのですが、いざ登ってみると、小さな負荷を継続的にかけつつ山を登ったり下ったりするのは体を鍛えるのによさそう。


クマが出たとやらの警告も そこらじゅうイノシシの掘り跡だらけ

ツチガエル?ヒキガエル?イメージ検索で調べたけれど、こんなにはっきり黄と赤が発色したカエルはなかなか見当たらず

ベージュから焦げ茶へのグラデーションとコケの緑♡

私「なんかいい感じのログハウス~」 夫「ただ朽ちてるだけだよ」 私「え~・・・」

さぁ 水辺でお昼にしよう

しその実ごはん、イワシの梅煮、野菜と厚揚げの煮物、温かいほうじ茶

高~いところの紅葉を撮っていたら

視界にヤマガラ現る!

道々のキノコ発見が山登りのエネルギー源

岩巣山頂上から名古屋市内を見渡す 遠方中央に少しだけ広がるビル群が名古屋駅周辺

名古屋ドームと名古屋駅周辺 双眼鏡をのぞきながら夫と「ヒトの存在がちっぽけだな~」

下山中の木漏れ日

夫「夜光るきのこみたいだ」→ヤコウダケ?

2017年10月3日

森へ Forest tramping

涼しくなったので山歩き再開。茶臼山近くの「天狗棚・面ノ木原生林周遊コース」を歩いてきました。

さぁ、歩くよ~

さっそくなんかいる!アタマがオレンジ色の鳥?!この角度、首が痛い・・・

「エッ、山椒の実って紅くなるの?!」

ずいぶん視界の開けた杉林 間引きが行き届いているということ?

夫に道案内を任せてついてゆく

道の先には

お楽しみ、キノコの世界


紅いキノコもお見逃しなく

近くのものを超望遠レンズで撮るときは、このくらい離れて

ようやくこのくらい ギンリョウソウです

心臓やぶりの階段・・・夫はさっさと、私はおそるおそる上る

ヤッホー!天狗棚展望台到着 津具村を見下ろす

お昼にしましょう!さて、本日のお昼ごはんは?

その前にタイマーで写真撮るよ~
 
あっ、手すりが写りまくり~

本日は、シソの実ごはんのオイルサーディンのっけと

野菜たっぷりミネストローネです♪

秋らしいシックな色合いの植物 ミヤマママコナという名の半寄生植物だそう

えーと これはミズナラ?

初めて耳にする鳥の鳴き声多々すれど、今回は写真に収めることはできず 葉が茂り過ぎで見えにくいのです

「いやぁ、何度見てもすごい」

のぞきこんでいるのはマムシグサの実、こちらです

うわ~、肉厚でおいしそうなのがたくさん!!

不思議&発見いっぱい森探検 また行こう