2017年5月20日

本日の屋上庭 Today's roof garden

いよいよ30℃級の日差し。日除けカーテンをGW中に製作できてよかった~


お茶パックによるナメクジよけ()が功を奏し、大粒の実を無傷で収穫。


それにしても茂る。この先どうすればよいか手をこまねいているところ。調べねば。


私は手が小さいほうですが、それにしてもイチゴの葉がこんなに大きいのはおかしいんじゃ・・・


屋上庭史上初、ミニトマト(左)と万願寺唐辛子(右)。それぞれ横にはバジルの苗を。去年、健康なバジルのタネを撮り損ねたようで、やむなく苗を買って植えたものの、タネから育てたのと違って心もとない感じ。


パセリが着々とつぼみを。可憐な花が見たいので放置。


チャイブの花。過去何年かより少し大きい。近所の畑で見かけたチャイブの花はアザミのように大きくて驚きました。


シソ、きのう4枚の葉を初収穫。折った茎から漂う香りに「夏が来た!」。


ようやく間引きをしたシソの2プランター。さぁさぁ、ゆっくりめに大きくな~れ!ゆっくりめにね。


去年の春、夫が植え替えてから一気に元気づいたサルスベリ(左)とユリ(右)。ユリは早くもつぼみが。品種は不明の、黄色いユリです。去年の花数は7でした()。さて、今年は?


今年は去年ほど勢いよく育たないままつぼみをつけ始めたディル。半面、やわらかい葉がいつまでも楽しめています。去年のお化けっぷりはこちら()。プランターの置き場所の違いによるのかもしれません。日当たりが大好きだそうです。


ハギ。葉がいっそう大きくなったような・・・


もっこり茂るフジバカマ。


上から見たところ。


待機中のパセリ、シソ、レモンバームの苗。

正体判明 It was a carpenter bee!

何者かによる掘削が続いていましたが、いよいよ正体が判明。丸みを帯びた真っ黒な動体にキツネ色のモフモフした毛・・・クマバチでした!数分おきに出たり入ったりし始めたので、穴を掘り終わったのでは。次のステップは何かな?


以下、Wikipediaより。へぇ~!「蜂の女大工さん」かぁ~♪蜂蜜団子、おいしそう!ということは今は蜜と花粉を集め始めてるんだな。

初夏、メスが太い枯れ枝や木造家屋の垂木などに細長い巣穴を掘り(穿孔営巣性)、中に蜜と花粉を集める。蜜と花粉の団子を1匹分ずつまるめて産卵し、間仕切りをするため、一つの巣穴に、一列に複数の個室が並ぶ(英名の carpenter bee(大工蜂)は、この一連の巣づくりの様子に由来)。

2017年5月19日

あふれる思い Finished

ついに焼き上がりました。


ぽわ~ん


今回のネクタイは上から絵の具で描き足さなくてもよさそう。


今度は黄色とグレーで大きな口をした雛も作ってみようかな。

冷めやらぬうちに Memories

思い出の瞬間をとじこめました。



図書館でこんな本を見つけました。シジュウカラの巣作りについてもかなり取り上げられています。


巣立ち後の今からでもまだ知りたいことがたくさんあるので、とても楽しめそう。たとえば、今週末にも空になった巣箱を空けて中を見ようなんて思っていたけれど、この本によればそれはNG。完全に繁殖期が終わる秋まで待ったほうがよいと書かれています。


巣箱をかけてみたいなと思う人には、とても頼りになる本だと思います。

2017年5月18日

近頃の食卓 Recent dishes of the season

5回目整体終了。先生によると体のゆがみはかなり矯正されたようだけど、後頭部の筋肉?のツッパリ感、違和感とれず。おいしいものを食べて、早寝早起きし、軽いストレッチを続ける生活を続けています。来週は久しぶりに翻訳の仕事が入ったので、だましだまし・・・。

わかめそうめん&ラーメン

菜飯とカレー

冷やしうどん

摘みたてルッコラと豆腐のサラダ

グリーンピースのスープ

わらびチャーハン

ディルときゅうりのポテトサラダ

2度目の"いきなりしゅうまい"

1度目同様、皮がうまく蒸されない個所あるも美味

干しきゅうりともずくの酢の物

ごぼうと鶏ささみのごまペースト和え

わらびのとろろ昆布醤油がけ

大根菜、たくあん、ちりめん山椒まぶしごはん

シジュウカラの巣立ちですっかり冷めてしまってから食べた昼食

ごぼうのスープ、サーモンポテトサラダ

ピクルス第一弾、だいぶ漬かってきて美味

たまたまメグリア寄ったらやってた~と夫が九州物産を購入

黒鯛塩焼き、山菜の天ぷら、久しぶりの辛子れんこん

トムヤムスープ、鶏ささみとチーズのサンドウィッチ

ふしぎ発見 Nature's wonders

その1
2階バルコニーに置いてある、夫作のベンチ。


ふと、足元に白い粉がふりつもっているのに気付いた。


なんの粉?


おや!1cm以上もの丸い穴が空いていて、ミシ、ミシ、と音がする!何者か掘削中のよう。ハキリバチかな?と思ったけど、ハキリバチの目的は穴の中に巣を作ることで、巣のために穴を掘ることはしないはず・・・それに、ハキリバチならたまには外にブ~ンと出てくるはずだけど、ひたすら掘る音がしているだけ。


その2
2階の1角。
ガラス瓶に少しだけ水を入れたまま放置しているサンセベリア。しょっちゅう水がなくなっている過酷な環境で・・・


子株が誕生していた!

2017年5月17日

ナメクジ対策 Protection

穴ぼこにするのはナメクジと分かり、お茶パックを使って包んでみました。パックの上を這った痕があり、効果はありそう。



色づきかけてからモタモタやっていると、柄からポキンと折れてしまいかねないので、色づく前からやっておくとよさそう。